歯科医院での診察だけじゃない、歯医者さんのお仕事

歯科医院の中でのお仕事とは

ほとんどの歯医者さんは開業した歯科診療所で働いていて、イメージする歯医者さんもそういった歯医者さんがほとんどではないでしょうか。
では、虫歯以外の診療にはどのような内容があるのでしょうか。

日本で多いのは歯周病の治療ではないえしょうか。
病気が進むと歯を失うことにもなりかねない怖い病気です。
日本の成人の7割ほどが歯周病を持っていると言われています。
原因は歯垢と呼ばれる歯の汚れです。
現在、症状がないという方も定期的に歯のお掃除や健診を受けて、健康な歯を保つ必要があるようです。
このように定期健診も、歯医者さんの大事なお仕事です。

他にも、歯並びをよくする歯科矯正や、歯を失ってしまった方の歯の再生など技術的なお仕事も歯医者さんの仕事となります。
顎関節症といった顎の病気に関しても歯医者さんが診療にあたってくれたりと、とても広範囲に治療をしてくれるのが歯科医師ということになります。

研究機関などでのお仕事もある

直接関わることが、大学などの教育機関で歯医者さんになる学生さんを育てるのも歯科医師免許をもった歯医者さんになります。
また、大学や研究機関などで病気の解明や新しい診療方法などの研究に携わる博士を目指すという歯医者さんもいます。

数年前に、歯科口腔保健に関する法律というものができて、歯の健康を守る取り組みをする為に、都道府県や各地域などで働く歯医者さんもいるようです。
こういった中で、各地域などで予防に関する講座や保健指導などで口の中の病気に関する知識を広めていくお仕事をメインにされている歯科医師もいらっしゃります。

また、大きな病院では入院されている患者さんの口腔ケアにあたる歯科医師が勤務されている場合もあるようで、ひとえに歯医者さんといっても予防から診療まで沢山のお仕事がある事がわかりますね。