警察歯科医や学校歯科医というプラスオンのお仕事もある

学校歯科医のお仕事とは

学校でCや〇、×といった記号を使った歯医者さんの健診を受けた記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それも歯医者さんのお仕事のひとつで学校歯科医と呼ばれるものです。
大学以外で歯に関する健康診断の他にも、指導や教育などの職務を非常勤で行う歯科医師と法律で定められている歯医者さんであり、学校内で活動をすることになります。

学校歯科医は、歯科医師の資格を持った人がプラスして持つ資格で、嘱託の非常勤公務員という立場になります。
仕事内容としては、歯の教育や管理、相談などが主になるようです。
健康増進法の制定により、以前よりも積極的に学校の歯科の専門家として、教育に関わるような存在が求められていくようです。

警察歯科医のお仕事とは

警察歯科医という言葉をご存知でしょうか。
警察からの依頼で身元を確認するお仕事の事です。
よくニュースなどで耳にするお仕事ですね。
生前のレントゲンや治療記録などから、本人確認をしますが、なぜ歯なのでしょうか。
歯の状態というものは個人ごとに違っており、そっくりなことはほとんどないそうです。
また、硬度が高く残存している可能性が高いということも挙げられます。

事件だけでなく、大規模災害などでの警察歯科医の必要性は高くなります。
身元の確認が早く進めば、それだけご遺体の対応も早く進められるという事につながり、衛生面などの観点からもとても重要な仕事となります。

このような結果から、歯の治療などの記録をデータベース化するという話題へものぼり、データ化が進む事で身元判明の確率もあがるのではないかと言われています。