高齢化が進む日本社会において、更に大事になってくるお仕事

訪問診療に携わる歯医者さんのお仕事

医療機関をとっても、訪問診療を行う医療機関や専門にしているクリニックなどがとても増えてきています。
診療を受けたくても出かけられない人が増えているという事ではないでしょうか。
この問題は、歯の治療やケアを取ってみても同様と言えるでしょう。

自分で食べ物を噛んで食事が出来るという事がとても重要なことで、これが出来るかどうかで病気の回復速度にも影響すると言われています。
また、自分で食べ物を食べられる喜びというものは生きる糧にもなると思いませんか。

このように、歯の健康を守る事が体の健康を守ることにもつながるとも言える事から、歯の予防に関するケアが、昨今政府を巻き込んでの対策となり、重要視されてきているのも納得の状況かもしれませんね。

介護に関わる口腔ケアとは

実は肺炎予防にも口腔ケアが大切なことをご存知でしょうか。
口腔ケアで口の中の状態を清潔に保つことで誤嚥を防ぐ効果もあるという事がわかってきており、肺炎予防という観点からも介護での口腔ケアが期待されてきています。

また、高齢者の虫歯が最近増えているそうです。
高齢になった時、20本の歯があると自分で食べ物を食べられるという事を推進しており、その分歯が残っている高齢者が増えているそうです。
となると、虫歯が増えるのも当然かもしれません。

虫歯が増える原因のひとつとして、手先が不自由になってきたり感覚が鈍ってくることも原因のようです。
こういった状況を少しでも改善する為、介護という面からの口腔ケアがとても大切になってきていると言えます。